09月≪ 2007年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/25(Thu)

9期日之影・ホシさん講演会

9期・日之影の星さん夫婦が、講演会を主催します。

星さんは、協力隊の活動で農業に興味をもち、現在は有機栽培で野菜をつくり販売もしています。
その有機農業のグループで、講演会を行うそうです。

星☆農園のブログ⇒ http://pub.ne.jp/hoshioukoku/


以下、チラシの文章から。
 アトピーがきっかけで、赤峰さんと出会いました。
赤峰さんの農場で三年間勉強させてもらい、今は愛知県新城市にて夫婦で百姓を実践しています。
 毎週金曜日、豊橋の井原電停そば「岩瀬植物園」で、有機農産物の朝市をやっています。そこに来てくれる人たちとアイデアを出し合い、手作りの講演会を実施することになりました。
 ひとりでも多くの人に、会場にお起こしいただき、また新たな和(輪)ができることを願っています。(新城市・星農園)


こんな人におススメ
*環境問題に関心のある人(これから百姓を目指そう!という人)
*食糧自給率や「農」をめぐることに関心のある人
*農薬や化学肥料を使わずに、おいしい野菜を作ってみたい人
*アトピーや花粉症などの現代病を根本的によくしたい人

『赤峰勝人講演会 ~循環のはなし~』
日時・12月2日(日)
開演・13:00~16:30
場所・愛知大学(豊橋校舎)記念会館3階小講堂
参加費:1000円(当日1300円)中高生500円
主催/愛知なずな会


以上です。
200人を集めたい!とのこと。スゴイ!ガンバレ!
☆お問合せは、星農園のブログへ!!☆
スポンサーサイト
20:33  |  OB情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/25(Thu)

東京説明会の様子

東京の応募説明会には、3名のOBが説明をしてくれました。
説明会1

参加者へのアンケートでは、ネットから協力隊を知った人が多かったことが特徴。また、参加したいけれど、活動後が不安という声もありました。
昨年よりも、多めの人が集まり、よかったよかった。

話をしてくれたのは、(左から)
12期 山口県・豊田町、カトウ君 
13期 福島県・鮫川村、アユコちゃん 
13期 宮崎県・諸塚村、タナベ君  
3名のバランスも良く、
アゲテ、飛んで、まとめる、という流れで展開してくれました。
説明会2
アンケートには、OBの人の話を聞いて、よく分かった、という言葉も!


その後は、当然飲み会へ

ちなみに、アユコちゃん(大学生)は、東京から福島まで
自転車で帰ったとか……。それも、ママチャリ、二日間??
(彼女には、それが当然だそうです)

タナベ君は、16才から34歳まで幅の広さを持つ男。
どんな時も冷静にまとめてくれる最年少です。
諸塚を卒論のテーマに、先月も派遣先へ一ヶ月滞在したとか。

そして、豊田で一生分の幸せを受けてしまった、カトシン。
説明会場の職員の方(女性)が参加者に配られたお茶碗洗いをしているところを、
さりげなく手伝っちゃう、心配りのきくジェントルマンです。

カトシンとアユコちゃんは、まともに話すのが初めて。
なのに、同期?という話しぶり。
「豊田のクボジュンとスゲー似てるんだよ!彼女がアメリカから帰国したら、絶対合わせたい」
と言ってました。
でしょ! OB同士は、この人とこの人が出会えたら面白いのに!っていう人がたくさんいるんです。

説明会3
店員さんに撮ってもらったらブレテますが……。
使えるアイデアが出てきて、やっぱり人数が集まるとイイナァと思いました。また、飲みましょう!

これから、説明会は各地を回ります。
説明会の参加者は、これから新しい道に進もうとしている人ばかり。パワーもらえますよ。

20:22  |  OB情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/24(Wed)

豊田OB+山口君一家

6期・山口県豊田町(現・下関市)のヤマグチ君から写真が届きました!

豊田いっぱい
豊田OBが集まって、エライ楽しげ

豊田少なめ
こちらも豊田OB&豊田に居ついた日之影人が……。

山口家族
ふるふる婚のふたり、可愛いジュニアが仕事の活力です

山口建前
定住から家を建てる、本当にスゴイことです。
『タマリスク』の原稿「縁が建てた家」を、乞うご期待!!
17:38  |  OB情報  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/21(Sun)

NPO紹介・えがおつなげて

ふるふるの三浦です。
今回は、他のNPO団体を紹介します


それは、mixiで見つけたイベント情報が始まりでした。

> 「都会に住んでいるけど、なぜか田舎の魅力に惹かれる」
  「いつか田舎暮らしをしたいけど、夢のまま終わるかも・・・」
  「もっと田舎を活かせる仕事ができないだろうか」    
   
  あなたが田舎と関わっていく方法、田舎だからこそできることを、
  肩肘張らずに、一緒に考えてみませんか?

   [田舎*cafe] とは、田舎に関することをテーマに、
  ゲストと参加者同士で、想いやアイデアを交換しあう座談会です。

という呼びかけに“ビビッ”と来て、
NPO法人「えがおつなげて」が主催するイベントへ
行ってみたのです。少しでも協力隊のことPRしたい、という気持ちもありました。

『えがおつなげて』HP ⇒http://www.npo-egao.net/

ちなみに、これが『田舎カフェ』の過去のテーマ
◆Vol.1:「好きなまちで仕事を創る ~田舎で自分らしくはたらく道とは?~」(07/6/8)
  Vol.2:「人と人がつながるスイッチ創り」(07/6/28)
  Vol.3:「山・村・人を元気にするたてもの作り」(07/7/12)
  Vol.4:「都市と農村が共生する社会とは?」(07/7/26)
  Vol.5:「エネルギーファームの挑戦」(07/8/30)
  Vol.6:「"田舎で起業"の先駆者たち ~東北の自然学校リーダーたちと
       持続可能な地域づくり~」(07/9/11)
  Vol.7:「第三者の視点から、村づくり。村づくりコンサルタントの仕事とは?」(07/10/17)
◆田舎*cafeブログ:http://community.npo-egao.net/

私は、第4回に出席しました。
参加している人は、小規模(10人強)ながら、超魅力的な面白いことを実践している人ばかり。スピーカーの話も面白かった上に、終わってからの自己紹介で話し込み、すごく刺激を受けました。

で、ビックリたまげたのが、
第5回には、他のふるふるサンが出席していたこと
まーた、つながってるじゃん。
と思い、たぶん皆さんも興味があるだろう、とご紹介したわけです。

そして、この田舎カフェのゲストスピーカーとして、緑化センターが協力隊のプログラムについて
話をさせてもらう計画が進んでいます!(来月かも)
とても、ありがたいです!!


ちなみに、来週の予定も楽しそうなので告知!
>◆今回のテーマは「農を仕事にする生き方とは?
  若手農家が語る、新規就農という選択 」

 ゲスト&食材提供者は、20代で新規就農した「畑山農場」畑山さんと、
 同じく20代に、農業修行を3年間積み、来春に自身の農園を開業準備中の右田さん。

 若い2人が、農を仕事にすることを選択した理由とは?
 これまでの2人の歩み、リアルな苦労話や感動話の生産実話付で、
 それぞれの農園で作られた“無農薬”の最高の野菜料理を味わいます。
・日時:10/28(日)18:00~21:00 銀座駅

---
興味のある方は、
『えがおつなげて』のHPか、田舎カフェのブログからお問合せ下さい。

先日、えがおつなげてのスタッフの方が、緑化センターの事務局に来ていただき、いろいろな話をしました。お互いをいかす連携できたら素敵ですね、と意見があって、今後が楽しみです。

いろいろな団体があるものです。勉強になるなぁ。
17:42  |  ふるふる事務局  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/18(Thu)

全国で説明会があります!

皆さんこんちには、緑化センター事務局の熊崎です!
東京もやっと秋をむかえ、時々寒さも感じる季節になりました。
皆さんの地域はいかがでしょうか。

さて、来期の協力隊募集に関して、全国で説明会を行います。
この説明会には、応募するかどうか迷っている人も来るものです。
OBの皆さんの生の経験談を聞いたことから、応募を決断する人もいるので、
是非、新しい協力隊員が増えるために、ご協力いただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

各地の日程・時間・会場と、
現段階で参加を予定されているOBの方の名前です。
サプライズゲストとして、派遣先の担当者の方にご登場いただく会場も、計画中。
ご参加くださる方は、GEC熊崎までご一報ください。
よろしくお願いいたします!!

10月24日(水) 18:00-20:30
≪東京≫  ふるさと暮らし情報センタ-【東銀座】
12期(山口・豊田)・カトウ君
13期(宮崎・諸塚)・タナベ君
13期(福島・鮫川)・オオクサさん

10月27日(土) 13:30-16:00
≪仙台≫  仙台ビジネスホテル第1会議室【仙台駅】
2期(群馬・上野)・ヤマモトさん?
9.5期(群馬・上野)・ヤマギシ君?

11月10日(土) 13:30-16:00
≪名古屋≫ 名古屋YWCA会議室103【栄駅】
9期(宮崎・日之影)・ホシ君
11期(愛知・富山)・タケウチ君
3期(山口・豊田)・ミウラさん?

11月11日(日)13:30-16:00
≪大阪≫ 大阪産業創造館会議室D【堺筋本町駅】
☆未定☆ 大阪近郊のみなさん、お願いします!

11月17日(土) 13:30-16:00
≪福岡≫ 福岡県立ももち文化センター(ももちパレス)会議室4【藤崎駅】
12期(福岡・椎田)・ノザキさん

12月1日(土) 13:30-16:00
≪東京≫ ふるさと暮らし情報センター【東銀座】
☆未定☆

くまさん
僕が熊崎です!
20:23  |  GEC情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/16(Tue)

7期・峰浜村 風間さん

7期・峰浜村で活動後、
秋田にてかやぶき職人をしている風間さんを紹介します!

<事務局・金井さん宛のメールを許可を得てアップさせてもらいました>

風間アップ
今年は、角館の武家屋敷「石黒家」の総葺き替えや、秋田市の国の重要文化財「天徳寺」の修復作業など、ちょっと大きな仕事があって、普通の民家の仕事があまりできませんでした。
秋田県にはまだ相当数、一般の人が普通に住んでいるかやぶき民家があります。
しかし、職人や家主の高齢化で、急激にその数は減少しています。

風間屋根

僕は、文化財や観光施設よりも、そういった普通に人が暮らしているかやぶき民家を残していくことができたらと思って、がんばっています。
ただ、今あるかやぶき民家は減少の一途をたどるのはわかりきったことなので、新しいものも作りたいと思ってます。
風間モン
この画像は、僕の親方が数年前に作ったかやぶきの門です。こういった、門とか、ちょっとした離れ的なものをかやぶきで作りたいという需要が少しくらいあるのではないかと思って、将来作れるように研究中です。

風間さんの個人HPです。隊員時の記録から、現在のブログまで見ることができます!http://homepage1.nifty.com/kazataka/

18:17  |  ふるふる個人紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/14(Sun)

電話で再会 豊田の場合

ふるふるの会話

6期・山口県・旧豊田町のヤマグチ君(定住後、森林組合に就職)が、豊田周辺の木材で自分の家を建てたのだという。
その話をタマリスクに書いてもらおうと、6年位ぶりに連絡を入れる。以前に会ったのも2回程度、それも話した記憶が殆んどない。私(3期・みうら)のこと覚えているだろうか。緊張して電話をかける。


「あ、みうらさん?」
   この「み」にアクセントがかかる発音、まさしく豊田流や!
「あべさんと一緒だった人やろ」
   覚えてくれてる!ウレシー!! 
   ……それにしても、ヤマグチ君って、こんな声・発音だったっけ?
   カンペキ豊田の人だ。

原稿依頼を飛び越えて、あれこれ話す。
「やっぱり秋は忙しい?」
「それそれ、ワカちゃんも梨が始まっとるしなぁ」
   出たー、「それそれ!」。豊田と言えば「それそれ、それぇて、それっちゃ」だもんな。
   自分の中から、いろんなものがあふれ出してくるのが分かる。

「それで、何文字ぐらいで書けばエエ?」
「350字、簡単やろ」
「3万5千字かぁ・・・」
   うゎ、この返し方、まさしく田舎の人や!

「クボジュン、さやかちゃん、さくらちゃん、カトシン、良い子が豊田に行ってくれて嬉しいよ」と、私が最近になって出会った豊田派遣の人の話をしたりして、時間が過ぎる。

「で……、何を書きゃエエンかね」
「オィ! だからー」
   話を聞いてない加減も、すっかり感化されているらしい。

すごく楽しく電話を終えて、ふと思う。
「あたしだって、豊田に残るかどうか考えたのになぁ」と。
自分も残っていたら、こんなふうに豊田流になっていたんだろうか、と想像したら可笑しくて、妙に足取りが軽くなった。

学生でも、一年限りと参加した人でも、協力隊に参加した人なら誰しも、「自分がここに残って暮らしたらどうなるんだろう」と一度は考えたことだろう。
その問いの決断が、後々こんな大きな変化になるというのも、すごいことだなぁと思う。

ただ電話をして思ったのは、残らなかった後悔じゃなく、同じ時間、自分にもいろいろなことがあったんだ、と改めて感じたということ。

「オーシ、アタシもがんばろっ!」
話してるとパワーが出てくる、それが“ふるふる”とつながるメリットじゃない? って改めて思えた電話でした。
皆さんも、しばらく連絡とってない“ふるふる”に、連絡してみてはいかが? パワー出ます、きっと。
13:03  |  ふるふるのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/12(Fri)

伊豆市にて交流会

14期・伊豆市で活動中の谷口です!

この度、派遣先の伊豆市(旧中伊豆町)にて『竹りんりんプロジェクト』を行うことになりました!
りんりんチラシ
(チラシ↑)

これは、
小さな単位の「地域」に着目し、地域のもつ材料を使って、地域に混じって「一緒にやる」イベントが出来たら! と僕が考えて提案したものです。

「小さな地域」と若者を結びつけようと思い、竹に触れ、地域に触れ、地域の存在と良さを感じてもらえるよう、シリーズで行いたいと思います。

プロジェクト第一章は「炭づくり」を計画

11月24日 午前 竹やぶにて竹の伐採(朝食は各自)
             竹炭作成開始
        午後  竹炭作成継続
            竹の食器作成 & 竹細工講習
        夜   高級竹炭バーベキュー
            さんま?ピザ?何つくろ☆
参加費:1500円  持参するもの:防寒着・汚れてもいい服装 (定員15名位)
りんりん2
(スケジュール表↑)

締め切りは11月末。谷口へご連絡お願いします。
メール:TT99029@CITY.IZU.SHIZUOKA.JP
(*迷惑メール防止のため大文字記載。小文字に変換して送って下さい)

ふるふるの皆さんの参加、大歓迎!お待ちしております!!
18:58  |  町村情報  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/09(Tue)

回帰フェア出展OBを詳しく①

先日の「ふるさと回帰フェア」に物品を提供してくれたOB達を、
ちょっと詳しくご紹介します。

2期のヤマモトさん(上野村)-山形県白鷹町在住-
所属グループの『しらたかノラの会』の会報には、
「Iターンで白鷹へ。右往左往して日が暮れる」と自己紹介。
夫婦の似顔絵が描かれた封筒には、「最近、欲望のままに生きている気がしてきました」
yamasann2

と脱力系のコメントが出ていますが、上野村活動後に都内でサラリーマンをしていた頃よりずっと百姓体型になったとか。
ヤマモトさんは、ふるふる設立を熱心に支えてくれた熱い人です。


3期のモリモトさん-岡山県鏡野町(旧奥津町定住)-
協力隊後定住して、そのまま11年。すっかり岡山の人間になりました。
okutu

先日電話で出展をお願いすると、
「田舎暮らしは忙しい。最近休みがなくて、子どもの寝顔しか見てないし……」とお疲れの様子。
それゆえか、新しい作品がたくさんできているようで、今回もかわいい作品を届けてくれました。
鏡野町文化資源保存『伝習館』HP (商品写真と制作の様子が伝わるブログもあります)
http://www.mirakuru.ne.jp/denshukan/
奥津に派遣されたふるふる達の集団・またたび隊(「また、旅をしたい」の略)ブログ
http://green.ap.teacup.com/matatabi/


11期のサカマキ夫婦-長野県小海町在住-
坂巻農園のチラシには、こんな文章が……。
< 東京で生まれ育った二人が、
  農村で一年間農山村長期滞在プログラム「緑のふるさと協力隊」に参加、
  岐阜県、山口県にそれぞれ一年間生活し、縁あって二人長野で百姓を始めました。
  食べることの好きなぼくたちは、自分たちで作った野菜のおいしさに喜びを感じながら、
  周りの人に見守られ、支えられながら、時には喧嘩もしながら楽しく百姓をしています。
sakamaki

出展してくれた野菜は珍しいものばかりでした。
ちりめんキャベツ、グリーンゼブラ、黒枝豆、甘シシトウ…。多品種栽培で頑張っているそうです。
野菜の宅配もやっています。是非!! 
13:51  |  OB情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/07(Sun)

ふるさと回帰フェア・レポ

なんだこの暑さは!の挨拶で始まった東京でのイベント『ふるさと回帰フェア2007』
地球緑化センターのブースは、協力隊&ふるふるで頑張りました!

GEC
こんな感じでブース全体を作って、お客さんを迎えます。

野菜アップ
長野県・小海町から車で運んできた、サカマキ農園の野菜たち、珍しい野菜が多く人目を惹いてます。標高1000メートルの畑から来たせいか、冷んやりしてて新鮮!!

伝習館
宅配便で届けてもらった、(奥)2期・上野村:ヤマモトさん『ノラの会』の味噌や梅干の加工品、(手前)3期・奥津町:モリモトさん『伝習館』の工芸品も販売!愛情のこもった作品ばかり。


カタログ
ふるふる皆さんの活動をPOPを使って伝えました。5期・ホシさんの版画、6期・ニクマさんのレストラン、7期・カザマさんの萱葺職人姿、8期・ホシさんの農園、等。


サカマキ夫婦
強烈な紫外線の中、野菜を売るサカマキ夫婦。11期の同期婚。坂巻君(飛騨市)は野菜づくりのこだわりをお客さんに語りかけ、さくらちゃん(豊田町)は、来年出産予定の大きいお腹ながら、元気ハツラツに接客。「東京出身の私たちが、協力隊で田舎を知って、今では野菜づくりをしています!」の言葉にジーン。


ブース全景
12期・豊田のカトウ君(右)も販売で活躍してくれました。「ししとう詰め放題」担当として、「この味噌つけて食べれば最高ッスよ」と野菜&加工品のセット販売に。勢いよく売れました!

盛況
お昼前には、人だかりが。盛況だ!

ワイワイと盛り上がり、ふるふるの個性を集結した楽しいブースになりました。
ご協力ありがとうございました!! 
02:00  |  OB情報  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/04(Thu)

都会の真ん中で、山村たっぷりのお祭りをやろう! 案

協力隊祭り!?

みうら― 今度の回帰フェアのOB紹介の件さ、事務局のキタガワさんから提案された
      時は、正直意味分からなかったんだよね。OBの活動紹介して、どーすん
      の?ってな感じで。でも、段々と、これは面白いことだ!って思えてきた。
ギシ―  ? 今度は何をやろうとしてるんですか。
みうら― ようするにさ、OBが自分の活動を報告するっていうのは、OBの中間研修
      みたいなものなわけ。隊員の時、活動を報告しあったように、あの一年後に
      こんなことしてます、っていうのを発表し合う場を作ることで、自然に各期を
      越えたつながりに発展するし、自分の生活や仕事にも新しい刺激を得られるじゃん!?

ギシ―  話がみえませんね。具体的に言って下さい。
みうら― 私のイメージでは、東京の代々木公園に屋台村を出す感じ。その屋台がOBの個人
      活動の発表ブースなわけ。田舎に一年行ったことから、今こんな仕事して
      ますって展示するの。それと、簡単なステージを中央に作って、舞台で
      出し物をする、田舎の「ふるさと祭り」を持ってくる感じ。
ギシ―  ふーん。

総括研修+町村紹介+OB活動報告+協力隊説明会=?

みうら― 総括研修を開かれた形式で一般の人にも公開したらどう?って意見があるわけ
      でしょ。それよ!! それを実行する! だから、派遣先の町村にもブースを
      作ってもらって、担当者と隊員が都会の真ん中で自分の町を売り込むのさ。
      通りすがりの若いアンちゃんと町村の人が話し込んだら、オモロイデー。
ギシ―  でも、それは今度のふるさと回帰フェアと同じじゃないの?
みうら― そこは大きく違う。だって、つなぎ役として私たちがいるんだもん! 
      たった一年山村に行っただけで田舎の人と親戚みたいに仲良くなって、
      その後も新しい展開があった、っていう姿を都会の人に伝えられたらステキでしょ?

ギシ―  また、みうらさんの理想が出てきましたね。例えば?
みうら― 例えばだなぁ、物産展なら町の人が都会の人へ一方的に我が町ブランドの
      商品を売る感じじゃない? それを、「東京都出身・山口県豊田町派遣」
      とかのバッチをつけたOBが「この商品は、○○っていうお婆ちゃんが作って、
      僕もすごくお世話になって、もう絶対おいしいですから」なんて補足説明
      してあげれば、都会の人へ響くものがあると思わない?
ギシ―  物産展だけ?
みうら― だからー! 総括研修を公開でやるんよ。ステージ上で、現役が派遣先の
      町自慢をしたり、一年の感謝の手紙を涙ながら読み上げたり、担当者の人
      にも町のPRしてもらったり。間に、太鼓とか農村歌舞伎とかの出し物してさ。
ギシ―  最後は餅まき!
みうら― それそれ!! 田舎の婆ちゃんと都会アンちゃんが餅つきしてたら、最高じゃん?

ギシ―  それに、OBが自分の活動後を発表すると。
みうら― そう! そういう姿を派遣先の人に見てもらうのも、良いと思うし。
ギシ―  そんな姿を都会の人に見てもらって、協力隊事業を知ってもらうと。
みうら― そうでゴザイマス。新聞社とか雑誌社・テレビも呼んでさ。募集も楽なもんさ。

ふるふる大集合・情報交換の場に

ギシ―  うーん、面白そうですね。ただ、活動を報告するとなると一部のOBに限られ
      ません?俺がブース作れって言われてもサラリーマンだし。
みうら― そうさ。サラリーマンOBがほとんどだと思うよ。別に、個人でブースを作ら
      なくてもイイジャン。「農業」「林業」「町づくり」とか、カテゴリー分けしても良い。
      そうすることで、趣味や志向が似ている人をマッチング出来るよね。
      「パパママふるふる」とか「サラリーマンふるふる」とか面白いよ。
      子どもを山村留学させたいけどどこがいい?とか、サラリーマンなら
      有給の取り方どうしてる?とかさ、情報交換できるじゃん(笑)。

ギシ―  お客なんか、そっちのけで話してそうじゃないですか。
みうら― イイじゃん。楽しいのが一番。これ、来年できないかなー。協力隊15周年記念として。
     ドカンとやって、毎年の行事にするの。そしたら、来年は誰が来るかな、とか、
     OB同士も集まる機会を楽しみにできるじゃん。コリャおもろいデ。
ギシ―  いや、やりたいですね。ただ、他のOBの反応も知りたいですよねー。
みうら― そこよ。で、どうですか、皆さん。やりません?

*これは、緑化センターに話を通しているわけではない、私・みうらの夢です。でも、自主的に動いてこそ楽しいイベントが出来ると思いませんか? 皆さんのご意見、心からお待ちしております。
04:01  |  ふるふる事務局  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/03(Wed)

回帰フェアに出展する人は・・・

今週末に迫った「ふるさと回帰フェア」(10月6日)
http://www.furusatokaiki.net/past/furusatofair2007/index.html
ふるふるの活動を出展する準備が進んでいます!

◎農産物→2期・上野村、ヤマモトさん
◎農産物→12期・サカマキ夫婦さん
◎木工品→3期・奥津町、モリモトさん
の皆さんの売り物が並びます。

そして、
◎版画→5期・奥津、ホシさん(カタログ)
◎萱葺き職人→7期・峰浜、カザマさん(パネル)
の展示もありますよ。

このブースでは、
『緑のふるさと協力隊』っていうのがあるんだー、と世間に知ってもらい、
農山村に行って、若者が輝いている姿を知ってもらい、
こういう取り組みを進める自治体があるこを知ってもらいたい!
と、笑顔いっぱいの隊員達の写真でブースを飾ろうと思っています。
他にも、いろいろ思案中。

当日の、お手伝いは、
野菜をもってきてくれるサカマキ君と、12期豊田・カトウ君、(3期豊田・三浦は午前中)。
事務局は新婚キタガワさんが担当です。
ふるふるの皆さん! どんどん顔出してくださいね。


ちなみに、同じ土曜日に、
大阪では『森林の市』が行われます。
http://www.kinki.kokuyurin.go.jp/kyoku/category_a/a-02.html
12期のサカイダ君他、数名の方がお手伝いする予定です。
そちらも、是非足を運んでください!!
20:46  |  OB情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。