10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.03/30(Sun)

こだわりの種を教えて

8期のムラカミさんから、「種・情報おしえて!」

 広島にて、持続可能な暮らし方を実践するパーマカルチャーのワークショップを開催中のムラカミさん。
各地で農業にかかわる皆さんへ、情報求む!のメールが届きました。

  私の畑でもワークショップが始まりました。

 そこで、全国各地に居るOBOGに「タネや苗はどこで購入しているの?」か教えていただけないかと。
 きっと、全国で農業に従事している方々は、種苗にもこだわっていると思うのです。

 来月、タネを蒔くのですが、有機栽培・無農薬で収穫されたものや
 地産地消(国産)のもの、地域の固有種など。
 せっかくなので、こちらでも出来るだけ自然の摂理にかなった種を使いたいなぁと・・・思っています。

 各地の状況など教えていただければと思います。
 よろしくお願いします。
  8期・ムラカミ


こんな情報のやりとりが、“ふるふるネットワーク”の使い方だと思います。

「畑の作業、手伝いに来て!」など、猫の手も借りたい人にも、田畑でひと汗かきたい人達にも
それぞれにメリットが生まれる情報を提供できるように、この場を使ってください!

ふるふる事務局までメール待ってます♪
スポンサーサイト
21:59  |  ふるふるのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.03/01(Sat)

お祭り前のように楽しめたら

あと2週間!!

一年の活動を終える隊員を“お疲れさん”と迎えられる総括研修。
その準備をOBが手伝うことって、なんだかお祭り前みたいです。

地域に残るお祭りって、やることがたくさんですよね。

舞をまう巫女や神輿の担ぎ手などの華やかな主役たちは、
自分の出番のために、自己追求に集中していく。
その舞台を整えるのは、昔その道を通ったものたち。

ワラワラと集まった年寄り達(ふるふる=古いふるさと協力隊、ですから)が、
今年の祭りを話題にしつつ、舞台で育つ主役のために裏方で動く……。

庭木の手入れや畳を上げて、祝いの膳を拭いて、赤飯炊いて御頭の手配して…。
なんて忙しそうにしながらも、これを理由に集まれることが嬉しかったりして。

☆ ☆ ☆

――と、新しくふるふるが増えることを
喜びながら準備ができたら素晴らしいのものの、
なかなか、悠長な状況ではありませんが。

「エキサイト☆ふるさと」の運営ボランティアを続けています。
2月26日(火)も、5名のOBがあつまり発送作業と、話し合いを行いました。

そして、来週の集まりにて、当日の流れと役割を確認します。
3月4日(火) 夜6:30~ 緑化センター
会場設営、案内係、受付担当、OBブース担当、資料作成、展示物管理・・・。
都合のつく人は、ぜひお茶のみにでも来てください。

前日の会場設営ボランティアも、数名が名乗り出てくれています(この熱さに……泣)

miyamoto先日は、10期・日之影さんが、レンコンをお土産に事務所へ遊びに来てくれました。
14期の皆さんが一生の宝物?になるものの制作を手伝ってくれて。
(オレの紹介は一行にしろと言われたのに…)。
01:16  |  ふるふるのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.12/23(Sun)

見知らぬ町の見知らぬ人と話しこめるOB特権

定住さん突撃レポ 福岡県築上町 その②
(お邪魔した3期みうらの、つぶやき編

12期の福岡県築上町にいる野崎さんを訪ねてみようと思ったのは、
九州の募集説明会から帰ってきた事務局のカナイさんから、
「九州でもOB会やりたいって皆が言ってたわよ。あそこなら人材も豊富ですぐ出来るから」
と聞いたためです。

OB会をやりたいという、熱い人に会ってみたかった

勢いがある内に、連絡取ろう!と野崎さんへ早速電話。初電話から、いろいろ話し込む。
「実は来週、福岡での仕事があって、都合がつけば寄りますね」と伝えておきました。
でも、私としては行けたらいいなー、というぐらいの気持ちだったんです。

福岡での仕事ははやく終わり、そこから築上町が近いことを地元の人に教えてもらったので、
顔を見せるだけでも行ってみるか、と見知らぬ町の築上町への旅に出かけました。
築城 支所
(これが、役場の築上町“支所”。キレイで、立派でビックリ)

野崎さんとは年齢も近いし、野崎さんがこの地に派遣されたのは2年前。
駅に降り立った時、思わず自分が山口・豊田へ派遣された日が甦りました。
「自分がここに派遣されたらどうしたろう」、と一瞬とまどう程、築上町は山村のイメージとは
ちがう、住宅がたくさんあったのです。
でも、何かがあるんだろうな協力隊を要請する町には、とキョロキョロしながら、
保健センターを探します。

初対面のはずが、やっと会えた気持ち

そして保健センターへ行ってみると、野崎さんは、私を待っていてくれました。
初めて会った人から、あんなに嬉しそうに出迎えてもらったのは人生初のことで、
ちょっと戸惑い、不思議にジーン。
そして、いろいろなことを話しました。それが、前回に書かれていること。
築城 野崎&三浦
(右:野崎さん、左:みうら。野崎さんはジャージ姿であることを悔やんでいた)

勢いづいて話していると、あっという間に閉館の時間……(本当にお邪魔しました)。
そして野崎さんから、「特急が出ている駅まで送って行きますから」と思わぬ言葉をもらう。
「いやいやそんな」と言いつつ、ご好意に甘えて野崎さんを待っていると、
「タイミングよく、役場に来んか?って協力隊担当者から電話があったんですけど、行きますか?」と思いがけないことになる。
ほんの5分ぐらいの間なのに、まさにこれぞタイミングだ!

小さな田舎町で、こんなに面白いことをやっている人たちがいる。改めて実感

役場では、残業している人の所だけに明かりが付いていて、明るい産業課へ。

ただ単に、「以前協力隊へ行った」というだけなのに、すぐに課長さん含め役場の方々と、
いろんな話ができた。
築上町では協力隊3代目となり、それぞれの個性から、町の資源を掘り起してくれていること、
隊員が明るくなっていく様子を見ていると、自分の町もまんざらではないなと思うこと。
今は自立した町づくりが欠かせないけれど、都市との交流も大事だということ。
など、いろいろ聞かせてもらった。

野崎さんと役場の人の話を聞いていると、
役場の仕事を前向きにチャレンジする、頼もしい人材が増えたという歓迎と
新しい刺激を互いに受けている様子がうかがえて、すごいなぁと思った。

「また、ゆっくりいらっしゃい」「ハイ!」
の会話で、役場を後にする。

そして、野崎さんに駅まで送ってもらう。
「つけもの博覧会」も「ぬか床養子縁組」も、じっくり聞きたかったけど、
時間が足りずにタイムアップ。
とても楽しい時間を過ごせた。

この出会い・関係性はスゴイことだ!協力隊OBの特権や!

帰りの電車にゆられ、不思議な出会いが膨らんだ今日のことを思い返した。

私と野崎さんの共通点は、以前協力隊へ参加したということだけ。
私は、自分たちの頃は派遣先になかった築上町を、最近まで全く知らなかった。

なのに! こんなに忘れられない出会いとなって、大切なことを考えることができて、
応援したい町がまた一つふえたのだ。

あきらかに、出会った瞬間から他人を超えている。
これって、スゴクね?

っていうことが、見知らぬ派遣先を訪ねていった私の感想です。
(アンタは特別やろ、って言う人もいます。私がOB会での露出度が高いから。
 でも、アナタが行っても同じようなことがおこるはずです。きっと)

結果として、
派遣先の町を、そこに派遣されたOBのガイド付きでまわるというOB会をしたら、
そりゃオモロイはずよ、ということが今回の手ごたえでした!

来年は、全国でOB会を計画しています! 
たくさん参加してください!!
17:48  |  ふるふるのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/14(Sun)

電話で再会 豊田の場合

ふるふるの会話

6期・山口県・旧豊田町のヤマグチ君(定住後、森林組合に就職)が、豊田周辺の木材で自分の家を建てたのだという。
その話をタマリスクに書いてもらおうと、6年位ぶりに連絡を入れる。以前に会ったのも2回程度、それも話した記憶が殆んどない。私(3期・みうら)のこと覚えているだろうか。緊張して電話をかける。


「あ、みうらさん?」
   この「み」にアクセントがかかる発音、まさしく豊田流や!
「あべさんと一緒だった人やろ」
   覚えてくれてる!ウレシー!! 
   ……それにしても、ヤマグチ君って、こんな声・発音だったっけ?
   カンペキ豊田の人だ。

原稿依頼を飛び越えて、あれこれ話す。
「やっぱり秋は忙しい?」
「それそれ、ワカちゃんも梨が始まっとるしなぁ」
   出たー、「それそれ!」。豊田と言えば「それそれ、それぇて、それっちゃ」だもんな。
   自分の中から、いろんなものがあふれ出してくるのが分かる。

「それで、何文字ぐらいで書けばエエ?」
「350字、簡単やろ」
「3万5千字かぁ・・・」
   うゎ、この返し方、まさしく田舎の人や!

「クボジュン、さやかちゃん、さくらちゃん、カトシン、良い子が豊田に行ってくれて嬉しいよ」と、私が最近になって出会った豊田派遣の人の話をしたりして、時間が過ぎる。

「で……、何を書きゃエエンかね」
「オィ! だからー」
   話を聞いてない加減も、すっかり感化されているらしい。

すごく楽しく電話を終えて、ふと思う。
「あたしだって、豊田に残るかどうか考えたのになぁ」と。
自分も残っていたら、こんなふうに豊田流になっていたんだろうか、と想像したら可笑しくて、妙に足取りが軽くなった。

学生でも、一年限りと参加した人でも、協力隊に参加した人なら誰しも、「自分がここに残って暮らしたらどうなるんだろう」と一度は考えたことだろう。
その問いの決断が、後々こんな大きな変化になるというのも、すごいことだなぁと思う。

ただ電話をして思ったのは、残らなかった後悔じゃなく、同じ時間、自分にもいろいろなことがあったんだ、と改めて感じたということ。

「オーシ、アタシもがんばろっ!」
話してるとパワーが出てくる、それが“ふるふる”とつながるメリットじゃない? って改めて思えた電話でした。
皆さんも、しばらく連絡とってない“ふるふる”に、連絡してみてはいかが? パワー出ます、きっと。
13:03  |  ふるふるのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.09/29(Sat)

「変化?開花?」 Aさんの場合

『私、村へ行って変わっちゃった』  ~ある、ふるふる達の会話~

A― 来月で仕事辞めることにしたんだ……。
B― その先、どうすんの?
A― 決めてない。協力隊に行く前は楽しかった仕事なのに、戻ってきて働いたら苦痛で、
   もう限界だから辞めることにしたの。
C― 田舎で何かやりたいことがあるとか?
A― いや、暮らすのは都会でイイ。ただ、今までと興味の対象が変わった感じで、
   前と同じ仕事に満足できなくなってるんだよね。
B― その仕事に就く前から、そんな自分の変化に気づいてたってこと?
A― いや。働き始めてから、“あれ? 私、変わっちゃったんだ”って発見した。
   だから、自分でもビックリしてる。じゃあ、これからどうしよう、って
   いうのも見えてないんだけどさ。
B― 変わったってことに気づいたのは、今までの仕事と似た職種に就いたせいかも
   しれないよね。自分の変化って、なかなか分らないことだから。
    「協力隊に参加して人生を変えたい」って人もいるじゃん。そういうのも期待してた?
A― 私の場合は、そういう感覚はないな。変わりたいとも思ってなかったし。
   でも、結果的に、都会に戻ってきて自分の変化に気づかされた感じ。
   

C― 村の暮らしに手ごたえがあって、戻りたいってことじゃなくて?
A― 都市も農村もそれぞれの良さがあると思うし、村で暮らすことはまだ考えてないな。
   都会の人は冷たいとも思わないし、都会でも村のようなコミュニティを作りたい
   と思っている人は多いと思う。
   こないだも、普段は挨拶もしない近所の人が、台風で困ってる人を助けようとして、
   夜中も一緒に修復作業とかしてて、なんかお祭り騒ぎになってたのを見て、
   人って、何かきっかけがあれば村になるんだなって思ったから。
B― なるほどね。でも、生活を共にしている村じゃないと“ない”ものってあるじゃん。
   自分も協力隊に行って、人間の根本を見た気がしたっていうか、
   元々人間はこうして暮らしてたんだなって思ったりしたけど、それって、
   都会では味わえないことだもんな。
A― そう! 村の世界にはビックリして、すごく面白いものを見つけたっていう
   確信がある。それを知らない人へ知らせたいっていう思いはあるよ。
C― そういう仕事がしたいってこと?
A― まだ、そこまで分からない。ただ、今の仕事を頑張ってもこれから楽しくならないって
   分かったから辞めることにしたし、今までとは大切にするものの優先順位が
   変わってきてる、というのを感じる。
B― そういうOBって多い気がする。自分の心に素直に行動して、新しいことに
   挑戦しようとする人。でも、戸惑ってる人も多いような気もするけど……。
C― でも、Aさんの表情見てると、確実に良い方向へ進んでると思うよ。協力隊へも、
   何だかよく分からないまま参加したけど、行って良かったと思う人が多いように、
   自分に必要なものを求めていたら、いつかたどり着けるはずだから。
   ガ・ン・バ・レ!! Aさん!

*これは実話です。果たしてAさんのその後はいかに!
(アドバイス・ご意見・ご感想、お待ちしております。)
01:46  |  ふるふるのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。